数秘術・数秘学入門講座プリラボFacebookページプリラボTwitterプリラボメルマガ数秘術&開運カレンダーアプリ


マチュリティーナンバー

人生の後半で味わう数字

英語のmaturityはあまり馴染みのない単語かもしれませんが、成熟という意味です。ナンバーの計算方法は簡単で、ライフパスナンバーディスティニーナンバーです。略して書くときはMで表記します。

30代ぐらいからこの数字の要素が出てくると言われています。一応計算式があって、36からライフパスナンバーを(ゾロ目の場合は一桁化してから)引いた数が、マチュリティーナンバーの入り口に立つ年齢だということになっています。ただ、徐々にその要素が出てくるという性質上、傍から見ていてもあまり厳密に分かるものではありませんので、目安ぐらいに思っておきましょう。

 

人生をシミュレーションする

話を戻してマチュリティーナンバーを出す計算式について考えると「ライフパスナンバーの行動パターンをもとにディスティニーナンバーで表されていることを断続的にやっていけば、いずれマチュリティーナンバーに行き着くであろう」という意味で作られた数字であることがわかります。

ちょっとイメージが湧きにくいかもしれませんので、例を挙げて考えてみましょう。LP5、D6の人であれば、5+6=11になります。5は情報の出入りが激しく行動的・社交的で活発な数字です。6は思いやりや愛情の数字です。LP5の人は、情報収集したり現場主義で経験を積んだりして勉強熱心です。D6の人は、困っている人がいたら助けずにはいられません。

そんなLP5D6の人が行き着くところは「どうすればもっと効率的に、たくさんの人の力になれるか」というテーマでしょう。D6は医療関係や教育の仕事に向いています。学校の先生であれば、いじめの問題で窮することがあるかもしれませんが、そこでテーマになるのが11、つまり直感と気遣いだということがマチュリティーナンバーから読み取れるのです。

今まで情報をベースにして乗り越えてきたLP5の先生にとっては「子どもの心の微妙な変化を感じ取ったり、なんとなく教室の雰囲気がおかしいなと気づいたりすることで早めに問題に対処できるようになるだろう」と気づいて、だんだんとそれができるようになってくるというストーリーを描くことができます。そして、そのシナリオが始まるのが36-5=31歳ぐらいからだと予想できます。

もちろんストーリーはひとつではありませんし、具体的に描こうと思えば本人の生き方をよく理解しなければこのような想像は机上の空論に終わります。ただ、それでも、なんとなくの方向性がイメージできるというのは特にまだ若い方の場合は今後を生きていく上での参考になるでしょうから、ぜひ活用していただければと思います。

 

ナンバーの種類と読み取れるメッセージに戻る

プリラボ!からのお知らせ

数秘アプリについて

数秘術アプリ

毎日の数秘サイクルがわかるアプリ、数秘術&開運こてんしカレンダー(500円)が2018年に対応!

2018年分の毎月のイラスト12点は別途240円の課金が必要です。課金しない場合は万年カレンダーが表示されます。

ぶつけ本番鑑定について

数秘術鑑定

毎月ゾロ目の日(11日、22日)と30日に ぶつけ本番鑑定を開催しています。60分6000円。

数秘術講座について

2018年の講座はすべて終了しました。2019年の予定が決まり次第こちらに掲載します。

メルマガ

メールマガジン

プリラボ!HPにてバックナンバーの抜粋をご覧になれます。

メルマガ登録フォーム

メールアドレス

読者購読規約 (リンク先:まぐまぐ)

登録確認メールが届かない場合は、お手数ですが迷惑メールフォルダや受信設定をご確認ください。

SNS

Facebookページ

 

Twitter