数秘術・数秘学入門講座


パーソナルイヤー(個人年)

各年のテーマを知る

パーソナルイヤーそのものの概念および計算方法は自分だけのカレンダーでリズムを知るのページをご覧ください。こちらではそれぞれの年のテーマについて解説します。

1の年に意識すること

ものごとの始まりの年です。向こう9年間のスタートですので、人生の方向性を見定めて決意しましょう。この時期に優柔不断でいると望むものは手に入りません。特にライフパスナンバーが奇数の人は先手を打ちましょう。

関連ページ:1の意味を理解する

2の年に意識すること

1の年に始めたことが動き出します。必ずしも思うように進まないかもしれませんが、与えられた流れを洗練しつつ受け入れましょう。まだ不安定な時期で自分のことを優先したくなるところですが、あえて他人のことも考えてみましょう。

関連ページ:2の意味を理解する

3の年に意識すること

2の年に溜まった鬱憤を晴らす年です。新たに興味の出てくることがあるでしょう。無駄を恐れずに道草を食いましょう。ただし、調子に乗りすぎると後で痛い目に遭うので本筋を忘れないこと。ちゃぶ台返しは厳禁。

関連ページ:3の意味を理解する

4の年に意識すること

3の年に散らかしたことを整理整頓する年です。面倒くさいことも多くなりますが、しっかりと地に足をつけて。ここでサボると収拾がつかなくなります。昨年散財した場合はコツコツ貯金しましょう。

関連ページ:4の意味を理解する

5の年に意識すること

4の年に真面目にがんばったことで地盤はしっかりしました。今こそ攻めに転じるときです。下手の考え休むに似たり。多少のことは運がカバーしてくれると信じて、失敗を恐れずアクションを起こしましょう。

関連ページ:5の意味を理解する

6の年に意識すること

5の年には周りの人を振り回して迷惑をかけたかもしれません。大切な人のことをおろそかにしていませんでしたか?今度は身近な人を思い遣る時期です。実りの年まであと少し。幸せを共有できる人と絆を深めておきましょう。

関連ページ:6の意味を理解する

7の年に意識すること

6の年に人とのつながりを重視したことで多少は犠牲もあったでしょう。情に流されるばかりでは目標は達成できません。今やりたいことは何なのか。そしてそれは誰のためなのか。落ち着ける環境に身を置いて熟考しましょう。

関連ページ:7の意味を理解する

8の年に意識すること

7の年にしっかりと考えたなら、もう迷いはないはずです。ついに実る時が来ました!貪欲に結果を出しに行きましょう。これまで支えてくれた人たちに感謝して、得られたものはみんなで分かち合いましょう。

関連ページ:8の意味を理解する

 

9の年に意識すること

過去8年間を振り返る年。これまで自分がやってきたことの本当の意味に気づくでしょう。一連の事が片付いて役目が終わることもありますが、次のサイクルのために余白が必要なので無理に埋め合わせないこと。断捨離に良し。

関連ページ:9の意味を理解する

11の年に意識すること

予期せぬ出来事があるかもしれません。1の年に始めたことが、いきなり頓挫したり投げ出したくなったり。でも、9の年まで行ってみたら「なんだ、そういうことか」と納得するはず。あまりにも辛かったら、無理せず休むことも大事ですよ。

関連ページ:11の意味を理解する

22の年に意識すること

良くも悪くも当たり年。地雷が埋まっています。気をつけて。それを覚悟の上であえて一か八かの勝負に出る勇者以外には、基本的には、ひたすら耐えること推奨。海外との縁が生まれるケースもあるようです。

関連ページ:22の意味を理解する

33の年に意識すること

事実は小説よりも奇なり。念のため、何が起こっても不思議ではないと身構えておくこと。5の年に大失敗をやらかした人には一発逆転のチャンスかも。わずかなキッカケも見逃さないよう準備だけはしておきましょう。

関連ページ:33の意味を理解する

 


プリラボ!からのお知らせ

数秘術お知らせ

数秘アプリについて

毎日のサイクル数がわかるカレンダーアプリ数秘術&開運こてんしカレンダー2017(500円)をリリースしました!

数秘術お茶会

数秘術鑑定について

ココロのモヤモヤを晴らす「まい取説」鑑定や相性鑑定を行っています。詳細は公式サイトをご覧ください。

メルマガ

メールマガジン

プリラボ!HPにてバックナンバーの抜粋をご覧になれます。

メルマガ登録フォーム

メールアドレス

読者購読規約 (リンク先:まぐまぐ)

登録確認メールが届かない場合は、お手数ですが迷惑メールフォルダや受信設定をご確認ください。

数秘お茶会♪

数秘術お茶会

プリラボ!による数字解説つきのお茶会です。

SNS

Facebookページ

 

Twitter