数秘術・数秘学入門講座


ピナクルナンバー(達成数)

ピナクルナンバー(達成数)とは

ピナクルナンバーはモダンヌメロロジーで扱われている、9年単位で変化する数字です。pinnacleは「峰」「頂点」という意味で、人生の各時期において成功するために必要な要素を表します。達成数とも呼ばれます。

ピナクルナンバーは4つの期間に分かれていて、以下のように計算します。(4つのピナクルナンバー自体の求め方、ピナクルナンバーが切り替わる年齢の求め方の順に解説します。)

4つのピナクルナンバーの求め方

ファーストピナクル

計算方法:誕生月と誕生日の数字を足して、一桁またはゾロ目にします。

例)2000年5月24日生まれ→年は使わない→5+2+4=11

セカンドピナクル

計算方法:誕生年と誕生日の数字を足して、一桁またはゾロ目にします。

例)2000年5月24日生まれ→月は使わない→2+0+0+0+2+4=8

サードピナクル

計算方法:ファーストピナクルとセカンドピナクルを足して、一桁またはゾロ目にします。

例)2000年5月24日生まれ→11+8=19→1+9=10→1+0=1

フォースピナクル

計算方法:誕生年と誕生月の数字を足して、一桁またはゾロ目にします。

例)2000年5月24日生まれ→日は使わない→2+0+0+0+5=7

 

ピナクルナンバーが切り替わる年齢の求め方

ファーストピナクルからセカンドピナクル

36からライフパスナンバーを引いた年齢になります。ライフパスナンバーがマスターナンバー(ゾロ目)の場合は一桁にして(11は2、22は4、33は6とみなして)計算します。

例)ライフパスナンバー33の場合→36-(3+3)=30(歳)

セカンドピナクルからサードピナクル

ファースト→セカンドの切り替わる年齢に9を足します。

例)ライフパスナンバー33の場合→30+9=39(歳)

サードピナクルからフォースピナクル

ファースト→セカンドの切り替わる年齢に9を足します。

例)ライフパスナンバー33の場合→39+9=48(歳)

フォースピナクルの次はありません。今の日本では90歳を超えても元気な方がたくさんいらっしゃいますし、100歳まで生きることもさほど珍しくなくなってきています。

この状況で、はたしてフォースピナクルまでで良いのかと思いますが、一般論としてはこのようになっています。

 

ナンバーの種類と読み取れるメッセージに戻る

プリラボ!からのお知らせ

数秘術お知らせ

数秘アプリについて

毎日のサイクル数がわかるカレンダーアプリ数秘術&開運こてんしカレンダー2017(500円)をリリースしました!

数秘術お茶会

数秘術鑑定について

ココロのモヤモヤを晴らす「まい取説」鑑定や相性鑑定を行っています。詳細は公式サイトをご覧ください。

メルマガ

メールマガジン

プリラボ!HPにてバックナンバーの抜粋をご覧になれます。

メルマガ登録フォーム

メールアドレス

読者購読規約 (リンク先:まぐまぐ)

登録確認メールが届かない場合は、お手数ですが迷惑メールフォルダや受信設定をご確認ください。

数秘お茶会♪

数秘術お茶会

プリラボ!主催の研究員トークつきのお茶会です。数秘術について語り合いましょう。

SNS

Facebookページ

 

Twitter