数秘術・数秘学入門講座


チャレンジナンバー(挑戦数)

チャレンジナンバー(挑戦数)とは

チャレンジナンバーはモダンヌメロロジーで扱われている、9年単位で変化する数字です。文字通りchallenge(=挑戦)に関わるナンバーで、人生の各時期においてやらなければならない要素を表します。挑戦数とも呼ばれます。

チャレンジナンバーは4つの期間に分かれていて、以下のように計算します。(4つのチャレンジナンバー自体の求め方、チャレンジナンバーが切り替わる年齢の求め方の順に解説します。)

4つのチャレンジナンバーの求め方

ファーストチャレンジ

計算方法:誕生月を一桁にした数字と、誕生日を一桁にした数字を比べて、大きい方から小さい方を引きます。

例)
2000年5月24日生まれ(年は使わない)
月(バースマンスナンバー):5
日(バースデーナンバー):2+4=6
月<日なので、6-5=1

セカンドチャレンジ

計算方法:誕生年を一桁にした数字と、誕生日を一桁にした数字を比べて、大きい方から小さい方を引きます。

例)
2000年5月24日生まれ(月は使わない)
年(バースイヤーナンバー):2+0+0+0=2
日(バースデーナンバー):2+4=6
年<日なので、6-2=4

サードチャレンジ

計算方法:ファーストチャレンジとセカンドチャレンジを比べて、大きい方から小さい方を引きます。

例)
2000年5月24日生まれ
ファーストチャレンジ:1
セカンドチャレンジ:4
ファーストチャレンジ<セカンドチャレンジなので、4-1=3

フォースチャレンジ

計算方法:誕生年を一桁にした数字と、誕生月を一桁にした数字を比べて、大きい方から小さい方を引きます。

例)
2000年5月24日生まれ(日は使わない)
年(バースイヤーナンバー):2+0+0+0=2
月(バースマンスナンバー):5
年<月なので、5-2=3

 

チャレンジナンバーが切り替わる年齢の求め方

ピナクルナンバーの場合と計算方法は同じですが、念のため例を示しておきます。

ファーストチャレンジからセカンドチャレンジ

36からライフパスナンバーを引いた年齢になります。ライフパスナンバーがマスターナンバー(ゾロ目)の場合は一桁にして(11は2、22は4、33は6とみなして)計算します。

例)ライフパスナンバー3の場合→36-3=33(歳)

セカンドチャレンジからサードチャレンジ

ファースト→セカンドの切り替わる年齢に9を足します。

例)ライフパスナンバー3の場合→33+9=42(歳)

サードチャレンジからフォースチャレンジ

ファースト→セカンドの切り替わる年齢に9を足します。

例)ライフパスナンバー3の場合→42+9=51(歳)

ピナクルナンバーと同様に、フォースチャレンジの次はありません。

 

ナンバーの種類と読み取れるメッセージに戻る

プリラボ!からのお知らせ

数秘術お知らせ

2018年カレンダーについて

開運機能つきこてんしカレンダー2018(紙版)(1300円)のご予約受付中!

表紙
開運数秘カレンダー2018・表紙

サンプル(1月)
開運数秘カレンダー2018・1月

実物(昨年のもの)
開運数秘カレンダー2018・昨年分

数秘アプリについて

毎日のサイクル数がわかるカレンダーアプリ数秘術&開運こてんしカレンダー2017(500円)をリリースしました!

数秘術アプリ

数秘術鑑定について

ココロのモヤモヤを晴らす「まい取説」鑑定や相性鑑定を行っています。詳細は公式サイトをご覧ください。

メルマガ

メールマガジン

プリラボ!HPにてバックナンバーの抜粋をご覧になれます。

メルマガ登録フォーム

メールアドレス

読者購読規約 (リンク先:まぐまぐ)

登録確認メールが届かない場合は、お手数ですが迷惑メールフォルダや受信設定をご確認ください。

数秘お茶会♪

数秘術お茶会

プリラボ!による数字解説つきのお茶会です。

SNS

Facebookページ

 

Twitter