数秘術・数秘学入門講座


4.数秘術の基本的な考え方

4-1.9ステップで1サイクル

数字を足して一桁にする意味

さて、ここからは具体的な解説に入ります。このサイトの冒頭でも少し触れましたが数秘術では1から始まって9で終わる9ステップで1サイクルが完結すると考えます

生年月日をすべて足すと言いましたが、話を簡単にして、生まれ年だけで計算してみましょう。例えば1970だけを一桁化すると

1+9+7+0 = 17

1+7 = 8

となるわけですが、唐突ですが、ここで1970を9で割ってみてください。

1970÷9 = 218あまり8

はい。数秘術方式で一桁化したものと、9で割ったときのあまりが同じ8になりました。これは偶然ではありません。詳しい説明は省きますが数学的にそうなるようにできています。数秘術方式で9になるときだけは、ちょうど割り切れてあまり0になります。

話を戻して、1970年は西暦が始まってから218サイクルした後の8ステップ目の年である、ということです。9ステップで1サイクルということと、すべての数字を足して一桁化するということは実はつながっていたのです。

(以下、数学は苦手なんです>_<という方は読み飛ばしていただいてもOKです。数秘術の実用には影響ありません)

 

ステップ数とサイクル数

…とは言うものの、数秘術では年月日まとめて計算します。ここでまたなぜ?と思ってしまいます。年だけなら9で割るという概念も通じるのですが、別物であるはずの月と日を8桁の数字として扱うのは明らかに違和感があります。

結論から言うと、どうやらステップ数とサイクル数を合算することに意味があると数秘術では考えるようですが、いきなりそう言われてもピンと来ませんね。この疑問に答えるために、そもそもなぜ9ステップで1サイクルなのか、というところまで戻ってみましょう。

人が10進数を使うのは、普通に考えたら人の両手の指の数が10本だからですよね。じゃあ素直にそのまま10ステップ1サイクルでいいんじゃないの?と思いますが、ここに数秘術のミソがあります。

例えば17という数字は10進数で見ると、そのまま1サイクル後の7ステップ目だと考えられます。これを9進数(9ステップで1サイクル)で見ると、1サイクル後の8ステップ目になります。

つまり、10進数でのサイクル数とステップ数の合計が、9進数のステップ数として現れています。数秘術でやみくもに9進数を使われているのではなく「10進数でのサイクル数とステップ数の合計」こそ意味があると考えてのことなのでしょう。

そう考えると、生年月日をすべて足す方法は

(年の10進数でのサイクル数+ステップ数)+(月の10進数でのサイクル数+ステップ数)+(日の10進数でのサイクル数+ステップ数)

を計算していることになります。(細かい話になるので説明を端折りましたが、興味のある方はご自身で検証してみてください。)まあ、依然なぜ?という疑問はつきまとうものの、意図は理解できなくもないかな…といったところではないでしょうか。

 


プリラボ!からのお知らせ

数秘術お知らせ

2018年カレンダーについて

開運機能つきこてんしカレンダー2018(紙版)(1300円)のご予約受付中!

表紙
開運数秘カレンダー2018・表紙

サンプル(1月)
開運数秘カレンダー2018・1月

実物(昨年のもの)
開運数秘カレンダー2018・昨年分

数秘アプリについて

毎日のサイクル数がわかるカレンダーアプリ数秘術&開運こてんしカレンダー2017(500円)をリリースしました!

数秘術アプリ

数秘術鑑定について

ココロのモヤモヤを晴らす「まい取説」鑑定や相性鑑定を行っています。詳細は公式サイトをご覧ください。

メルマガ

メールマガジン

プリラボ!HPにてバックナンバーの抜粋をご覧になれます。

メルマガ登録フォーム

メールアドレス

読者購読規約 (リンク先:まぐまぐ)

登録確認メールが届かない場合は、お手数ですが迷惑メールフォルダや受信設定をご確認ください。

数秘お茶会♪

数秘術お茶会

プリラボ!による数字解説つきのお茶会です。

SNS

Facebookページ

 

Twitter